FC2ブログ

昨日以上明日未満~怒苦露記~

COCK ROACHとTHE BACK HORNに憧れ一人前のギタリストを目指す中等兵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸納豆とミッドナイトはみっともない

人類の誕生は終わりまでの始まりだったから、
地上に人が溢れ返った頃、人権問題は地球を襲った。
今、世界は吐き気がする程に人間だらけで、その中には、
ジャイアンの様なガキ大将やのび太の様なパシリが居る。そのほかの人は
ほとんどが奴隷扱いされている人を見てほくそえんでいるのだろう。

なぜ差別が生まれたのだろうか。なぜイジメが生まれたのだろうか。
なぜ偏見が生まれたのだろうか。僕はこの文章を書いている七月二十四日に
十四歳となりましたが、たった十四年間というこれまでの人生では、
なぜ人権についての問題が生まれたか分かるわけありません。
ちなみに、法律上、歳をとるのは誕生日の一日前だそうです。

十四歳。再び法律の話ですが、十四歳になると、
罪を犯せば逮捕されてしまいます。その罪の中には、
差別なども含まれていることでしょう。
子供と大人の境には色々な説があります。一番近いのは成人になる
二十歳でしょう。他には、十八歳、十五歳などと。
しかし、今宵七月文の月、人権問題は、大地を揺るがし草木を鳴らし、
韋駄天の如く広がりている。否、韋駄天ではなく、亀の様に遅いが
着実と進んでいる。韋駄天は、例えるならば兎だろう。
素質は持っているが、兎のくせに天狗に成り上がり、怠ける。
「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」という孔子の言葉がある。
優れた人ほど、謙虚になるというたとえである。
兎にはは当てはまらない。全くいまいましいものだ。
ジャイアンの様なガキ大将は、この兎の足ほど手が早いのだろう。
喧嘩っ早いとはこのことを言うのだ。イジメられている人のほとんどは、
弱い、又は弱そうな人だろう。しかし、弱くない人がイジメられる
ときがある。それは、心や口が弱い人であろう。
逆に、イジメる人は喧嘩や口が強いのだろう。ただ、心が強いとは言えない。
イジメている相手よりも心が弱いのだろう。心は強いのに
なぜ仕返しできないのか。相手を強く思いすぎているのか。
確かに、喧嘩も強くて、口も強いだなんて適いそうもないだろう。
多少、意味は異なるが、いわゆる手八丁口八丁というやつだ。
ジャイアンの様な奴とスネ夫の様な奴が一体化するとそうなるだろう。
どうしてし返してができないのか、というより、
仕返しをしても歯が立たないというケースは少なくないだろう。
イジメっ子は心が弱い。ただ、強がっているだけ。
心というより、精神と言った方が良いかもしれない。
精神、すなわちメンタルである。心の病にかかるのである。
「のび太・ジャイアン症候群」という病気が本当にある。
これにかかると、患者は、イジメっ子やイジメられっ子になる可能性が
高くなるらしいです。
このことをふまえると、両者も心が弱いことになり、僕がさっき
書いたことは嘘になるのだろうか。否、凡人よりは弱いかもしれないが、
後者は、前者ほど弱くはないだろう。

なぜイジメはなくならないのか、なくなるとしたら
いつどのようになくなるのか。
時は戦国。屍踏み散らして尚も又切る時代。
今の様な差別はなかっただろうが、力を持つ奴等が、
更に力をつけ、上へと成る時代。
波の波間に砕け散る、月光の様な儚さは、妖怪変化の魂も、
人も等しく同じだろう。そんな気持ちになる様な、
白く綺麗な夜だった。白く綺麗な夜だった。
しかし、そのとき、弱き者は今だと言わんばかりの形相で、
強き者を討ち滅ぼしたのである。後世に広く語り継がれる、
「下剋上」のことである。僕は、このような、後世に語り継がれるほどの
大きなことが起こらないと、人権問題は無くならないと思います。
起こったとしても、あるいは、無くならないかもしれません。
現に、イジメなどによる自殺は、増加し続けています。
しかも、ニュースでは、あまり大々的には報じません。
それは、イジメやそのような愚考による自殺などが当然の様な
時代になっているからだと思います。そして、
イジメが無くなるとしたいつかと言う疑問。
答えは要らない、そんなの嘘だろう、誰もが生きてく理由が欲しいだろう。
答えは、人類が滅亡でもしないと無くならないでしょう。
生きてく理由も知らぬまま、やがては体朽ち果て、生まれ変わるとしても、
俺がここに生きたこと、忘れはしないだろう。
人は死ぬと、それと同じに記憶がぶっ飛んで、体は赤子になり、
産声をあげるのだと思う。しかし、前の記憶がかすかに残っていれば、
否、残ってはいないが体が動く、それが勘であったり、第六感であったり
するのではないだろうか。

僕は僕である為に何を犠牲にした。喜びで見失ってく影。
誰の為に生きているのだろう。僕一人じゃ満たされぬ思い。
愛をもっとこの胸にもっと。言葉じゃなく真実の場所で。

人の夢は終わらねぇ。イジメも終わらねぇ。
気楽に生きていこうと思った初夏の終わる日。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



つーわけで作文完成です。
十分の一ほどバックホーンです、すいません。
文法が所々おかしいですが忠告待ってますw

ってヵ戦国時代の方が差別がひどかったんじゃないかねぇw
えた・ひにんとかあったからねぇ・・・まぁいいじゃん
ナイス仕上がりだしw
俺に言わせてみれば、
時間と暇とノリとバックホーンと原稿用紙とシャーペンとシャー芯と俺と空気とこの世界と・・・・・・があればもうちょいかけますねw
スポンサーサイト

コメント

よくこんだけ書いたねw
俺もそろそろ完成させないと・・・

これぱくろおっかなー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wl0c0lw.blog41.fc2.com/tb.php/183-815594f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

THE BACK HORN

カウンター

プロフィール

紅蓮

Author:紅蓮
2006年元旦から更新中
前略プロフってなぜかいっぱい作っちゃうよね
え?そうでもない?

1137752928_491jp.gif

実際はこんなにも
カッコよくありませんが^^;
黒髪だし・・・
これもカッコイイのか危ういな・・・
詳しくは前略プロフ①前略プロフ②生気を吸い取る1000の質問

バナー

バナバナ

バナバナバナ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ人気ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ハーボット

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。